下段鋼材を柱に縫う作業を行いました! 簡単に説明しますと、鋼材の下にジャッキをセットし揚げる訳ですが、その際、設置した鋼材がズレないようにしっかりと締め込みます。具体的にはこれから、上段にも鋼材を設置し直交させ、切梁にて補強しますが、まずは一番下の大事な部分。慎重に作業を進めたいものです。

技術的な内容はまた次の工程で説明しますが、自分としては当初予定以上に補強等必要と感じ、検討対応中です。 どんな現場でもそうでしょうが、着工前の設計通りにはなかなかいかないものです。ですが、その都度、問題発生時にどう対処していくか、慌てず、的確に判断し最良の方法でクリアしていきたいと思います。

史跡という事で様々な制限がありますが、自分達のこれまでの実績と経験を最大限活用し、工事関係者の皆さんにも協力頂き、無事に職務を全うしたいと思います。