曳家工事・沈下修正専門会社 我妻組 のホームページご覧いただき誠にありがとうございます。

沈下修正工事のダブルロック工法についてご案内申し上げます。

沈下修正工事には様々な工法がありますが、ダブルロック工法は「再沈下しにくく補償がしっかりしている工法」として沈下修正工事をお考えの施主様におすすめしております。

沈下修正工事 工法の種類

ダブルロック工法 <当社オススメ!>

セメント系の薬液を地盤に圧力注入し、空隙を無くし、強い地盤の層を新しくつくり出す工法。

※収縮が少なく、時間経過による新たな空隙ができることがありません。現状がどんな地盤でも施工が可能です。

土台上げ工法 (プッシュアップ工法)

基礎と土台を切り離し、家だけを上げる工法。騒音、振動、埃が少ない上に工期が短く、コストも低く抑えられる。

※地盤を補強する訳ではないため、弱い地盤の場合には、再沈下がおこる可能性がある。

耐圧版工法 (ラップル杭工法)

基礎下に耐圧版をセットし、ジャッキアップ後モルタル等で埋め戻す工法。
基礎下から修正するため、建物にとっては負担が少ない。

※地盤を補強する訳ではないため、弱い地盤の場合には、再沈下がおこる可能性がある。

曳家工法

建物を一度、別の場所に仮移動し、地盤改良を行ったり、杭を打ったり、ベタコンクリートにした後に元に戻す工法。

※仮移動する場所が必要なため、敷地が必要。

鋼管杭圧入工法(アンダーピニング工法)

建物自体の荷重とジャッキを利用し、鋼管杭を継ぎ足しながら圧入していく工法。

※沈下後の場合、摩擦で支持層に届かないままの状態で工事を完了しているのが現状。支持層まで届いていない施工は、再沈下の可能性が高くなる。

旧薬液注入工法 (樹脂系又は水ガラス系工法)

一般的にウレタン系の薬液等を用いて、透水性減少や地盤強化を図る工法。

※薬液の注入により強くなった地盤も、時間経過によるウレタン収縮で再沈下がおこる可能性がある。

我妻組ではダブルロック工法をオススメしています

ダブルロック工法は建物のレベル修正と地盤の土地改良を同時に行い再沈下を防ぐ工法

沈下修正ダブルロック工法
ダブルロック工法は、従来工法(鋼管杭圧入工法)に比べて、費用・工事期間のどちらも約半分。無公害の環境配慮の材料仕様の上、土壌改良から行うので将来的にも安心です。
当社では沈下修正、沈下防止を含めたたくさんの工法の中から現地の諸条件にマッチした工法にて対応します。また、多数の施工実績の経験を活かし、研究を重ね地盤沈下対策分野において画期的な新工法を開発、鋼管杭圧入工法(アンダーピニング工法)と薬液注入工法の優れた性質を両立させ、結果、地盤の補強効果アップと工期短縮および工事費大幅削減を可能にしました。その上、この新工法は新築時における摩擦杭の数倍の大きな効果を発揮します。※新築の地盤強化にも最適です。土間コンクリートの修正にも応用できます。

10年間の保証制度をはじめとするタブルロック工法の特徴

ダブルロック工法の特徴

ダブルロック工法は、右記のような数々の特徴があります。特に土となじまない樹脂系などを注入して、地盤を上げる工法と違い、土壌そのものを改良しながら5~10秒で固めるので腐食して地盤が再沈下したり、隣接物に悪影響を与える事はありません。
施工後、もしトラブルが発生した場合は責任をもって対応し、10年間の保証制度もあります。(諸条件有)
※周辺環境により当工法を行えない場合もあります。

ダブルロック工法と従来工法の比較

※一体性をもたせるため建物全体を工事対象とした
工種工事費工期精度恒久性備考:総2階建 延べ100㎡(30坪)程度
ダブルロック工法300〜20恒久性を重要視したい場合適する。
土台あげ工法 (プッシュアップ工法)100〜10沈下量が少なく地盤強化不要の場合適する。
耐圧版工法 (ラップル杭工法)200〜15地盤強化不要の場合適する。
曳家工法800〜45この際位置も変えたい場合適する。
鋼管杭圧入工法 (アンダーピニング工法)600〜355t程度で強い地盤 (岩盤等) に杭先が届く場合適する。
旧薬液注入工法 (樹脂系または水ガラス系工法)400〜15工期がなく一時的な場合適する。
土台あげ工法+地盤補強工法200〜15沈下量が少ない場合で恒久性も重要視したい場合適する。
その他の工法上記の外にもいろいろ準備してますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ダブルロック工法による建物不同沈下修正工事のイメージ

沈下修正ダブルロック工法の施工手順

沈下修正工事をお考えの際には、ぜひ我妻組にご相談ください。
また、沈下修正ページをリニューアルしておりますので、合わせてご覧いただければ幸いです。

 
沈下修正ページはこちら

<曳家工事・沈下修正 我妻組へのお問い合わせ・見積依頼・取材依頼先>